プロフィール

はじめまして。Happy Style128代表、ファッションプランナーの原 宏実です。

 

幼い頃のわたしは「アルプスの少女ハイジ」のアニメが大好きな女の子でした。

乾草のベッドってどんなだろう♪どんな匂いがするのかな♪

ハイジのマネをしてブランコに乗ったり、スキップしたりと、無邪気な女の子だったのを覚えています。

 

一方で、一人娘として育った私は、親の望むままに進学、銀行に就職。

いつしかハイジは消えて、親の期待に応えることが当たり前の、とは言え、満たされない思いを心の奥でなんとなくいつも感じている

「自分がない」クララに変わっていきました。

 

レールを敷きたがる親や超厳しい規則を強いる中・高校の先生方との関係が、鳥かごにいるほうが安全で幸せだというロッテンマイヤーさんや車椅子に頼るクララの姿と重なります。

 

そんな消え入りそうな私の心に灯りをともしてくれたのが、唯一ファッションであり祖母の存在でした。

 

当時80歳になろうかという祖母はハイカラな人でした。

大人サイズが着られるようになった私を、名古屋、栄の百貨店に連れていってくれて、洋服を見たいだけ見させてくれて、好きなものを選ばせてくれて、どんなに時間がかかっても文句一つ言わず決めるまでいつも優しく待っていてくれました。

 

あるとき、祖母の家に向かう途中でお気に入りのスカートを引っかけてしまい大きな穴が開いてしまいました。

直せないほどの穴だと思った私は、落胆な気持ちと意味なく湧き上がる怒り。やり場のない感情を祖母にぶつけてしまいました。

すると祖母は、いつものように優しく微笑んで「宏実、大丈夫よ。直してあげるからね。」と針と糸を出してきて直しはじめたのです。

 

「いくら縫物の得意なおばあちゃんでも、どうせ、継ぎはぎだらけでカッコ悪くて履けっこない」と思いこんでいた私でしたが、直し終わったスカートを見て驚きました。どこを直したのか分からないほど元通り、きれいなスカートになっていたのですから。

 

 

そのとき

「洋服を大切にする人は、人も大切にできる人よ。」

 

 

祖母から聞いたこの言葉が、中学生の私の心に衝撃を与えました。

ひと針ひと針、祖母が真心をこめてよみがえらせてくれたスカートが愛おしく思え、「このスカートをどう着たら、私がもっともっと輝けるだろう?」スカート一着から何通りも着回しを考えるようになったのです。それと同時に、今、私が丸ごと自分を表現するファッションと呼んでいる、「服はジブン」への探求が始まりました。

 

顔立ち、体型、肌の色など上辺に服を着せることは、序章。「あか抜けポジション」に到達するには上辺だけでは不十分だと気づきました。生まれ持った”あるがままのジブン”を見つけてそれを引っ張りだしてファッションで表現すると、心にカチャン!とハマるドンピシャな瞬間がある。それがなんとも気持ちがいいのです。そして、しっくりくるファッションを身に纏った鏡に映るジブンに間髪入れずにYes!と言っている輝く自分がいるのです。言葉で表すのが難しいですが、”本来のジブンが納得してくれている”という感じに近いです。

 

私の外見的特徴は、ハイジよりもクララ。クララが似合いそうなファッションは表向きは似合い印象アップはしますが、それは本来のジブンに服を着せているわけではないのです。これではジブンがOKをくれません。

なぜなら無邪気なハイジの部分も私の大切な個性だから。ハイジを引っ張り出して服で表現すると、カチャンとハマる瞬間がある!忘れられていたハイジが喜んでくれている瞬間とイコールなのだということを、トライアル&エラーを繰り返して、20代前半には実感していました。

その経験は、現在のファッションプランナーとして、お客様のトレーニングの際、価値を上げる服をキャッチすることや、オリジナリティあふれるスタイル創りに役立っています。

 

上辺だけでない

本来のジブンにも服を着せる

 

このことを多くの人に伝えたいと思ったときに、個人の人を対象としたパーソナルスタイリストの存在を知り、当時はパーソナルスタイリスト養成をしている所がほとんどなかったため、そのとき主流だったパーソナルカラーなどの診断をしてショッピング同行でスタイリングする人になると決意。

 

資格を取得後、2012年にサロンを開業しました。

1ヶ月後からご予約が入り、アメリカからもお客さまが来てくださり、毎日が目まぐるしくも、充実していました。

 

ですが、カラー診断をすればすれるほど、骨格診断をすればするほど、矛盾が生じて、窮屈で、息苦しくて、、、本来楽しいはずのファッションが枠組みにはめればはめるほど楽しくなくなり、体調にも異変が起きてしまいました。

 

ある時、その息苦しさとおなじ思いが、ふいと浮上してきたのです。

 

幼稚園の年少組で4歳のときにお日さまを描いたときのこと。

お日さまってどんな色だっけ?と空を見上げると「白っぽい黄色」に見えた私は、黄色いクレヨンで画用紙の白をあえて残すようにちょっとだけ工夫して描きました。周りはみんな赤いお日さまを描いていたのですが、私は黄色のこの色でいいや!と思い先生に見せにいきました。

ところが、「お日様は赤だから、赤に塗りなおして」と言われてショックと困惑、、、納得いかないまま、赤に直すことに、、、

 

でも、

 

黄色のお日さまの上に赤をいくら塗っても、みんなが描く、先生が求める赤にはならなくて、オレンジか朱赤なのです。

しかたなく朱赤のお日さまの絵を先生に見せに行くと「あー、、、赤にならなかったね」と。
とうとう、先生が言う正しい合格はもらえませんでした。この体験以降、「もう二度と、こんなふうに傷つきたくない」という思いにかられ、絵が描けなくなってしまうほど、本当につらく悲しいものでした。

 

そして、この出来事が診断をしている光景で、立場が真逆として重なったのです。

「あなたはワインレッドが似合って、朱赤は似合わない。」とお伝えしている<私が幼稚園の先生>、<お客様が4歳の私>でした。

息苦しさの原因が自分を押し込めて生きていた小さい頃の「~ねばならない」の世界と同じだったことに気づくことができたのです。

 

「~ねばならない」で、他人に従わせることは、その人の人生にレールを敷くことになる
「~ねばならない」で、他人に従うということは、自分を生きていないことになる

そう、捉えることもできるのです。
診断を受けられた方が心身ともに疲弊したり、他人任せになって自分を見失ったりするのもこのためだったと気づいたのです。

 

自分が我のかたまりのような気がしてきて、ものすごくショックでした・・・

と同時に、何とか改善しないと、と一念発起!

 

診断は素晴らしい理論ですが、使い方や伝え方に気をつけないと人を縛って依存させてしまうことになる。スタイルを持つという自立がいかに重要なファッションの基盤であるかを改めて確認することができました。その経験があったからこそ、お客様にとって優しい切りでお伝えする手法を生み出せたのです。そういう意味で、どちらも本当に貴重な体験だったのです。

 

ファッションは「~したい」を採用すると、本当に楽しくなります。お日さまは赤じゃないといけないなんて言いません。朱赤だっていいいし、黄色だっていい。
ファッションの基本のキが身に付いたところでは、お客さまのフィーリングで選択されたアイテムを尊重し、どうしたら極上のスタイリングになるかを一生懸命に考えます。

あの時の私のように誰かの正か否で身動きが取れなくなって、ジブンを傷つけてしまう方が出てほしくないから。

 

その経験から、「外見の特徴」+「あるがままのジブンを見つけ出すこと」→「個性を表現すること(自分を着る)」を多くの診断迷子さんとともに徹底的に取り組み、診断のしばり(すり込み)を解きつつ、自立も促してきました。

この時に試行錯誤しながら取り組んだことが、今「オンリーワコーディネート」として提供しているものなのです。

 

本当に多くのお客様に助けられ、支えられ、共感していただけたおかげで、ここまで続けてこられました。

 

私が生かされた中で、服もジブンも大切にして、自分全開を創造することを助け、支え、励ましたいと、心から願っています。
自分に自信がない、ファッションの知識がない、センスがない、そんなことにとらわれる必要は、いっさいありません。

 

外見の特徴と内面を表現するファッションを創り出せれば、今から、ここから、ファッションで望む未来を創り出せます。

それが、服と潜在意識の力=創造力です。

 

私たちは、自分に与えられた才能・個性を生かして幸せになるために生まれてきました。それをファッションというフィルターにかけると、「自分を丸ごと表現したファッションを身にまとって幸せに生きる」ということになります。そしてそれは、他の誰もまねできない、自分ならではの価値です。

 

私の35年以上全てのファッション経験が、あなたがあなたらしさ全開のファッションで輝いて生きる未来を創っていくお役に立てたら嬉しいです。

 

 

2018年8月現在、開業6周年。宣伝一切なしにも関わらず開業一ヶ月目からのご予約、海外(アメリカ)からもお申込みを頂き今日に至る。

・すべて個人スタイリング(ショッピング同行・コーディネートレッスン)のべ750名以上


【受講者さん実績】
・パーソナルカラー、骨格診断の結果が腑に落ちず自分が分からなくなるほど悩むこと10年。ファッション・メイクの練習後、あか抜けポジションが定まり自信が増し、生徒さんが増え、4ヶ月後TV・ラジオに出演 <40代 ヨガ講師>

 

・メイクレッスン受講後6ヶ月で理想のパートナーとゴールイン <20代~40代、複数> 

 

・自分の個性に気づけ歩む道が定まり、8ヶ月後にホームサロンをオープン <20代 リフレクソロジスト>

 

・ファッションの知識0から2ヶ月で「おしゃれ上手な人」という印象に変化され、行動力アップ! <30代 会社員>

 

・装いを整え自信がついたことで式典でのスピーチも堂々と果せ、文部科学大臣賞をも受賞し人生が好転 <50代 書道講師>


2011年顔分析メイクインストラクター ディプロマ取得

2012年パーソナルカラーリスト ディプロマ取得
2014年東京にてファッションテイスト分類法習得
2015年大阪にてパーソナルスタイリスト ディプロマ取得
2017年潜在意識マインドコンサルタント ディプロマ取得
2017年一般社団法人 日本顔タイプ診断協会 顔タイプアドバイザー1級取得

 

顔タイプ講座

・自分の顔タイプと似合うファッションを知る講座

メイク講座

・わたしの骨格に合う基本の「美人眉」をマスターしよう!

ファッションテイスト講座

・あると便利!おしゃれを格上げしてくれる私に合うテッパンアクセサリー